学生が借入するために注意すること

学生が借入可能とするポイントは、

 

 

  • アルバイト・パートなどで定期的収入があること
  • 20歳以上であること

この条件を満たせば低金利で無担保の借入の申し込みができます。ただし、銀行カードローンは学生の場合選択肢から除いた方がいいでしょう。その理由は、

 

 

  • 現在金融庁からの銀行カードローンへの規制が厳しく、与信の少ない学生への貸し出しは厳しい
  • 銀行カードローンでは即日融資は難しく、早く借りたい学生には不向き。
  • 銀行カードローンには無利息サービスがありません。

ですが、中小消費者金融の学生ローンは危険です。20歳未満の学生にも貸すようなところは信用できません。なので大手消費者金融が学生の借入には最適です。

学生に最適な大手消費者金融のカードローンで即日融資を受ける方法

学生が即日に借入するには、

 

 

  • 当日に振込融資を受ける
  • 自動契約機でカード発行して当日に融資を受ける

申込日当日に振込融資を受ける事は時間との戦いです。金融機関の営業時間がありますのでそれまでに全てのことを終えなければなりません。また金融機関の休業日には完全不可能となりますので注意が必要です。ただし、

 

 

プロミスだけは瞬フリという振込融資サービスがあり、金融機関の営業に関わらず24時間365日最短10秒で振込融資可能になっています。条件としては、

  • 三井住友銀行
  • ジャパンネット銀行

いずれかの銀行口座を登録する事によって可能になっています。


なので学生の借入のおすすめはプロミスですが、上記以外の銀行口座の場合は金融機関の営業を気にして急いで申込まなければなりません。

大手消費者金融の振込融資の可能時間
プロミス 平日14:00までに契約を完了すれば既にある銀行口座へ振込みが可能です。
アコム 平日14:00までに契約を完了すれば既にある銀行口座へ振込みが可能です。
SMBCモビット 平日14:00までに契約を完了すれば既にある銀行口座へ振込みが可能です。

三井住友銀行・ジャパンネット銀行以外ではどこを選んでも支障はないですが、初回30日無利息サービス(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録で利用可)のあるプロミスが有利です。

学生でも借入可能な低金利業者のおすすめはこの三社

プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円
アコム
三菱UFJフィナンシャルグループ

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円

学生によくある借入理由

学生には借入れなければならない理由は大きく分けて2つあります。それは、

学費・生活費に切羽詰った時
学生生活を謳歌するための遊び代

この2つが主な理由ではないでしょうか。学費の支払が滞っている方のQ&Aでは、

学費が支払えなくて次の支払までに納めなければ除籍処分となってしまうので困っています。親には学費は頼れないので私が切羽詰ってしまうとどこにも頼るところがない状態です。

 

幸いもうすぐ夏休みなので夏休みにアルバイトに時間を割けば20万円程なので返済の目処はあります。

 

クレジットカードの申込も審査段階で断られているのですが、学生でも20万円ほど都合が付く借入先はないものでしょうか?

学生でも借入できる無担保で借りれるカードローンがありますよ。20歳以上でアルバイトで定期的収入があれば申込可能なアコム・プロミス・三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックなんかが低金利でスピード審査なのでお勧めです。

 

20歳以下でも親の同意書があれば申込可能なので、あなたのような理由であれば親も同意してくれるでしょう。

 

また返済の宛てがあると言うことも重要です。返済の宛てをなくして借入れてしまっては楽しい学生生活も返済に追われる生活になってしまいます。

 

アコム・プロミス・三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックいずれかに申込んで、しっかり夏休みアルバイトして返済しましょうね。早く完済できそうならプロミスの初回30日無利息サービス(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録)も有効ですのであなたの返済計画にもピッタリなようですし、メガバンクをはじめとする銀行の保証会社も務めているので学生でもしっかりと審査してくれますよ。

 

また、以前クレジットカードの審査に落ちてしまったということですが、そういう方に人気のカードローン会社のクレジットカード『アコムマスターカード』なら学生でもしっかり審査してくれますよ。年会費も無料ですし、見た目も普通のマスターカードと変わりないので見栄えもいいですし、アコムもプロミス同様メガバンクをはじめとする銀行の保証会社も務めているので学生でもしっかりと審査してくれます。

カードローン 特徴 申込
アコム クレジットカード審査に落ちてしまった方の味方のアコムマスターカードもあります。申込はアコムに申込後の電話にてアコムマスターカードが必要な旨をオペレーターに伝えれば大丈夫です。保証会社の強みで審査もしっかりしてくれます。
プロミス 上記のような返済目処が立っているのであればプロミスの初回30日無利息サービス(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録)が一番力を発揮するところです。上記の例であれば利息ゼロの可能性もあります。保証会社の強みで学生でも審査をしっかりしてくれます。

学生生活を謳歌するための遊び代として学生がキャッシングするということも人生経験を積むという意味で学生時代にしか出来ないことも多いので私は重要だと思います。

 

彼女とのデート代を借りたいことも将来の女性経験を養う為に必要なことですし、友達・サークルの飲み会参加のための借入も社会に出たときの人脈、彼女獲得の為の布石など学生時代の積極的な行動は人生にとって必要不可欠な経験となります。

 

実際大学へ行けなかった私はこの部分の経験が欠如しているので友達も少ないですし、女性経験もアウトローな方向に進んでいきましたしね。ある意味ではいい経験なのかもしれませんが・・・

学生が借入する上で注意したい事とは?

学生でもキャッシングは利用できます。ですが先ずは20歳以上というのが条件です。未成年はキャッシングは利用できません。これはクレジットカードのキャッシング枠にも同様のことが言えます。そしてアルバイトなどで得た定期的な収入が必要です。

  • 20歳以上
  • アルバイト等で得た安定した収入

学生の場合は仕送りや奨学金を貰っていることもあると思いますが、そのような収入ではなく、仕事に就いて収入を得ていることが条件になります。学生の場合の収入源のほとんどはアルバイトです。但し、消費者金融での借入は総量規制が適用されるので

 

 

幾らくらい借入可能なのかなぁ・・・


そのアルバイト収入による年収や見込み年収の1/3迄の範囲内でしか借入を行うことができません。

フリーターのアルバイト収入と学生のアルバイト収入の違い

アルバイトは出勤した分だけ収入になるので学生の場合のアルバイト収入の欠点は

  • 勉強をしなくてはいけないテスト前やその期間中
  • 学校が休みになる期間中

は休暇をとるので出勤日数が減る傾向があり、それに比例して収入が減る可能性がある為、同じアルバイトで収入を得ているフリーターと比較した場合、安定した収入ということからすれば評価は低くなるとも考えられます。

 

 

同じアルバイト先で継続して働いているほうがいいのかなぁ・・・


また、まだアルバイトを始めて間もないような場合はその勤続期間が問題になって審査を通過できない可能性も多分にあるので少なくとも半年以上は同じアルバイト先で継続して働いていないと収入が安定しているとは判断して貰えないかもしれません。

学生の借入審査ではクレヒスも重要

キャッシングの借入審査ではクレジットヒストリーからも判断を行っています。これは今までのキャッシングによる借入やクレジットカードの利用履歴です。キャッシングの利用だけに限らず、クレジットカードをよく利用していると

 

 

キャッシングの借入審査に有利に働くケースもあります。


これはキャッシングの審査では今まで全くキャッシングやクレジットカードを利用していない人よりも利用実績のある人の方が信用度が高いからです。クレジットカードによるショッピングは18歳から利用できるので将来的にキャッシングの利用を考えている場合は

 

 

大学生の頃からクレジットカードを利用してクレジットヒストリーを良好な状態にしておくことも借入審査の評価を高くするテクニックのひとつです。


勿論、20歳を超えてからでも使用する度に利用履歴に記録されるのでキャッシングの申込を行う前にクレジットカードを何回か利用してきちんと支払いを行っておくと審査で多少は有利になると考えられます。

 

 

学生だけどクレヒスも良好だからカードローンの借入審査に申込んでみるぞ!


ですが支払いを遅延してしまうようなことがあっては逆効果になってしまうので支払いの遅延は、キャッシングの審査では一番嫌がられる要素です。クレジットカードを利用する場合はそのようなことがないように注意すべきです。

学生がカードローンを申し込む際に気を付けたいこと

親にバレないようにカードローンを申し込むにはネットから申し込むのが一番です。

 

 

申し込みの際に希望する連絡先をメールに設定しておけば、電話が鳴って慌てるということを防げます。


それから、申し込みフォームの中にWEB明細を希望する箇所があるのでチェックを入れておけば、契約後に自宅に明細書が送られてくることもありません。自宅のパソコンから申し込む場合は、念の為に履歴を削除しておくことをお勧めします。

 

更に、スマホからキャッシング会社のアプリを使って申し込みをする場合も、アプリを見られてバレてしまう場合がありますので、

 

 

申し込み後はアプリを削除しておきましょう。


一人暮らしをしている学生でも、親がアパートにやってくるか分かりませんので、明細はWEBで確認するようにしましょう。

申込手続・在籍確認で気を付けたいこと

学生でも安定したアルバイト収入があって20歳以上であれば、カードローンを申し込むことができます。申し込む時は、本人確認書類が必要です。学生ローンのように、学生証を提示する必要はありません。

 

 

在籍確認はどう対処すれいいかなぁ・・・


在籍確認もありますので、アルバイト先に電話がかかってきます。キャッシング会社の場合は、

 

 

「〇〇さんは、いらっしゃいますか?」


 

 

「〇〇は、只今席を外しております」


だけでも本人確認としてくれるところが多いので、接客中で電話に出られなくても大丈夫です。但し、学生でも総量規制が関係しますが、学生の場合は10万円〜30万円くらいしか借りることができません。

学生向けのローンってどう?

やはり、学生だと学業優先になってしまうと見られてしまいますし、学生なので仕事をいつ辞めるか分からないと見なされてしまうので多く借入することは難しいのです。学生が、借入をするなら学生ローンがお勧めです。金利が低く設定されているので、

 

 

キャッシング会社で借入するよりも有利ですが・・・


学生向けのローンなので、申し込み時に学生証を提示する必要があります。他には、

  • 銀行のキャッシュカード
  • 運転免許証
  • 保険証

などの本人確認書類を用意する必要があります。学生証を提示するからといって、申し込み内容が学校にバレてしまうことはありません。同様に、親にバレるということもありません。

バレないように利用する学生向けのローン

学生ローンで、学費を借入する場合は、

  • 授業料の請求書のコピー
  • 所得証明

も提出します。因みに、限度額は50万円までとなります。所得証明は、区役所で有料で発行してもらうことができます。また、本人確認書類に載っている住所と現住所が異なる場合は、

 

 

電気代やガス代などの公共料金の請求書を提示します。


当たり前のことですが、支払い期限を過ぎたり、滞納したりすると、郵送物が届いたり、電話がかかってきます。郵送物の差出人名は、〇〇センターといった風にキャッシング会社からの郵送物だと分からないようになっていますが、

 

 

子供宛ての郵便物を勝手に開封する親もいます


のでバレてしまう恐れがあります。バレないように申し込んだら毎月の返済をしっかりと計画的に行うようにする事が一番重要です。

学生でも借入可能な低金利業者

学生ならアルバイトをしているでしょうから、あと条件で問題になるのは20歳以上かどうかってことですよね。20歳以下でも親の同意書があれば問題なく申し込みができます。

 

しかし親の同意を貰うには親を説得しなければいけません。学費や生活費を工面する為なら同意を貰うのに正当な理由と言えますが、遊び代なら親を説得しにくいかとは思います。

 

遊び代とはいえ学生生活を満喫する、社会へ出たときの人脈を確保する、はたまた生涯のパートナーを見つけ出す、人生経験値を上げるなど、重要なことですので20歳以下の方はなんとしてでも親を説得したいですよね。

学生のカードローンでの借入体験談

プロミスのおかげで学生旅行に行く事が出来ました

 

奨学金で大学に通っており生活費は、親の仕送りとアルバイトでなんとか賄っています。ある日友人から旅行に誘われ、どうしても行きたくなりました。お金に余裕がなく旅行に行く資金がありませんでした。

 

しかしお金の余裕がない親には頼ず、自分の貯金もないので3年生の夏にプロミスは学生でも安定した収入があれば、お金が借りれる事を知り申し込んでみる事にしました。申込はインターネットから行ない、その後に携帯電話に本人確認の電話が掛かって来ました。その際にアルバイト先であるコンビニに、在籍確認の電話が掛かる事を担当者から説明され、アルバイト先の人にプロミスからお金を借りているのが分かるのではないかと心配になりその事をプロミスの人に聞いてみました。

 

すると、個人名で非通知で電話を掛けるのでプロミスからの電話だと分かる事はないという事を説明され安心しました。その後、アルバイト先への在籍確認が行われ審査完了の連絡を受けました。その後カードが届きお金を借りる事が出来ました。おかげで、今まで一度も行った事がなかった友達との旅行に行く事が出来ました。その後、アルバイトを増やして借りたお金は短期間で返済する事が出来ました。

 

学生でもお金を借りる事が出来て、申し込みもインターネットから行なえ審査もその日のうちに行ってもらえ助かりました。急にお金が必要になる事は学生でも起こります。そんな時に親に保証人になってもらわなくてもお金が借りれた事は助かりました。


学生での即日融資は怖い

 

平成22年の秋頃東京の専門学校時代に新生銀行で借り入れをしました。電話で問い合わせをしたところ15時までに審査が完了すれば私が指定した口座に振り込みがされるという話でした、もし間に合わなければ家の近くの無人機で新生銀行のカードが発行できると言われました。奨学金で生活をしていたのですが、学校の行事で海外研修に行く事になりお金がすぐに必要になってしまい借り入れを決意しました。

 

学生でも借り入れができ一定の収入があれば審査に通るというお話でした。アルバイトをしていなければ中々難しいかなという印象です。アルバイト先に確認の電話などかかってはこなかったと思います。借り入れは14時過ぎに電話をしたので、指定の口座振り込みには間に合いはしませんでしたが、無人機で発行して無事即日借り入れが出来ました。10万円の借り入れをして返済額は五千円に設定したので学生のアルバイトでも十分返済できる額に設定できました。

 

この時点での借り入れは成功であり海外にも行けてとても良い勉強になりました。が後日新生銀行から電話がかかってきて借り入れの増額ができるという話をされて、まあ使わなかったら何も起こらないと思い十万円増額しました。安易に増額をしてしまった事によって簡単にお金を手元にもてるようになってしまい無駄に買い物でいままで買えなかった物をかったりして借金はすぐに大きくなっていき返済額も倍増してしまいました。

 

その時借りてその場で終わればいいのですが、それを継続して借り入れをしてしまうと今後痛い目にあってしまうと感じました。


学生の時に親のクレジットカードで勝手に借金

 

今から、7年ほど前の大学4年生のときのことです。就職活動に疲れ、そのストレスを解消する為に始めた競馬にずっぽりと嵌ってしまい、気がつくと就職が決まらずに11月になろうとしていました。今思えばそこで少しでも焦って真面目に就職活動をすればよかったのですが、競馬で多少勝っていたため、このままでも何とかなると甘く考えてしまったのです。

 

しかし、現実は甘くなく、今までの勝ち分が1ヶ月も経たずに綺麗さっぱりなくなってしまったのです。当然、競馬で稼げていた為、バイトもしていなかったので、親からの仕送りを競馬の資金に当て込んでしまったのです。それも全てすってしまい、生活費がすっからかんになってしまいました。

 

そのとき、親から何か緊急事態で困ったときにと、渡されていたクレジットカードの存在を思い出したのです。ダメだと思いながらも、ついつい使ってしまい、キャッシングで30万円ほど引き出し、そのまま直ぐに競馬に行ってしまったのです。勝たなければと焦る気持ちと、このままではまずいという気持ちが重なり、予想すら立てられないまま、馬券を買ってしまい、見事に外れてしまいました。

 

その月末に親から直ぐに電話が掛かって来て、何に使ったのかと怒られ、親が一生懸命働いてくれたお金をみすみすドブに捨てるようなことをしてしまったと、猛省しました。それからは、就職浪人となりましたが、真面目に就職活動をし、合間を見てはバイトをして30万円を少しずつ返済していきました。

 

そして、何とか就職先を見つけることができ、今では全てのギャンブルに手を出さないように、しっかりとお金を貯めています。


更新履歴